クリムソンクローバー 今年から作付け

 鹿沼市南摩の矢口有良さんは、同市油田町の水稲圃場4.7haでクリムソンクローバーを栽培しています。


 クリムソンクローバーはベニバナツメクサとも呼ばれるマメ科の多年草。20~60cmの高さで、先端に5~7cmほどの赤い花をつけます。

 矢口さん方では10月下旬に播種し、花が開花する翌4月下旬から5月上旬にかけ、同市村井町の黒田養蜂園(黒田雄一代表取締役)が蜂を放し、採蜜を行います。5月下旬にはロータリーでそのまま耕起し、飼料用米の肥料として緑肥利用する予定です。

 2016~2018年度まではレンゲソウを栽培し、同様に緑肥利用を試みましたが、アブラムシやコナジラミなどの虫害により花が全滅。今年から虫害に強いクリムソンクローバーに切り替えましたが、今のところ虫の発生も少なく抑えられています。 

 矢口さんは「クリムソンクローバーを植えるのは初めてのことなので、水稲にどのように作用するのかはまだわからない。不安もあるが、この方法ならば、肥料代を節約できるという点で期待もある。」と力を込めます。

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903

栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

℡(028)683-5531

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved