”奇跡の木”と呼ばれる「モリンガ」

「モリンガ」 という植物をご存知でしょうか。

熱帯・亜熱帯地域で広く栽培されるワサビノキ科ワサビノキ属のモリンガは”奇跡の木”と呼ばれるほど鉄分やビタミン、必須アミノ酸など数多くの栄養素を豊富に含んでいるそうです。

小山市犬塚にある有限会社ECO山本(山本光康代表取締役)は6次産業に取り組んでいます。

モリンガ1.2ヘクタール12,000本を無農薬で栽培し、「モリンガ茶」「モリンガパウダー」に加工し販売しています。

「栽培手間が少ないのもモリンガの魅力の一つ」と山本社長は話します。元肥に規格外のサツマイモをすき込み、5月上旬の定植後は潅水、追肥も必要ありません。また病害虫にも強い性質を持ちます。

今後はつぼみを線香の香料に、木を杖にする考えもある山本社長「来年は耕作放棄地を利用し面積を倍にします」と意欲を燃やします。

267回の閲覧

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903 栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved