大田原市でヤマトイモの産地化を目指しています

大田原市では4年前からヤマトイモの栽培を始め、今年は8件の農家8.5haを栽培しています。

ヤマトイモは北関東ではイチョウイモとも呼ばれ、大きさは30~40cmほど。滑らかで粘りが強く生食やとろろなどに向いています。


全量を冷凍とろろ芋の製造・販売を手掛けるマルコーフーズ株式会社(本社:埼玉県深谷市)に出荷しています。

栽培者の皆さんは高単収が見込める点や泥つきのまま出荷でき、選別・調整作業が省ける点が魅力だと話します。

来年は植付機や潅水用スプリンクラーを導入し労力軽減を試みます。

大田原市でのヤマトイモ栽培にご興味がある方は、那須中央支所(TEL:0287-23-1633)までご連絡ください。

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903

栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

℡(028)683-5531

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved