株式会社CrowLab

今回はラジオ収録及び農業共済新聞「北関東版」8月1週号で掲載させていただいた、株式会社CrowLab(宇都宮市中央:塚原直樹代表取締役)を紹介させていただきます。

CrowLabはその社名(Crow=カラス CLab=研究)の通り、カラスの生理・生態など科学的根拠に基づき、農作物や日常生活への被害対策などの提案をしています。

塚原代表は、カラス研究の第一人者と言われる宇都宮大学・杉田昭栄(しょうえい)教授(当時)のもと、カラスの音声コミュニケーションを中心に研究を重ね、昨年12月にCrowLabを設立しました。

佐賀県や福井県などでカラスに関する講演や被害対策コンサルティングの実績があり、長野県飯田市では、畑に放置された規格外農作物を適切に処理するなど、市民参加型の「野生動物への無自覚な餌付けストップキャンペーン」も実施しました。

塚原代表は「カラス被害でお困りの方々の力になれれば」と話します。

38回の閲覧

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903 栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved