栽培から提供まで ソバ「友蕎庵」

益子町で常陸秋そば65ヘクタールを栽培する株式会社鈴木農園(鈴木幸一会長)は、2月に自社製そば粉を使用したそばを提供する「友蕎庵(ゆうきょうあん)」をオープンしました。

鈴木会長は27年前、都内でそば店を経営する姉からの依頼でソバ栽培と製粉を開始。畑がしっかりと管理されている事が評判となり、栽培面積や取引店が増えていったが、業者には自社製そば粉を使用している近隣店舗を紹介しなければならず、「『益子のそば』のおいしさを自ら広められれば」と一般社団法人全麺協で段位を取得、同店をオープンしました。


「おすすめはもりそばです。自社製のソバを石臼で低速製粉しています。刻み海苔などは乗せずに『益子のそば』の香りと甘みを感じてください」と話す鈴木会長。   


店舗には定員6名のソバ打ち道場も併設され、年2回の町陶器市では出張店舗を開くなど、「益子のそば」振興にも力を入れており、町では葉タバコからソバ栽培に切り替える農家も増えてきているといいます。


「栽培から提供まで自ら行うことで、6次産業の真の姿に近づけた」と話す鈴木会長。「農家食堂や農村レストランなど、6次化産業で地域をアピールする農家が増えて欲しい」と力を込めます。

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903 栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved