栃木獺祭サミット コンテストを開催

 「栃木獺祭サミット2019」がこのほど、下野市田中の株式会社山田錦栽培研究所(海老原寛明代表取締役社長、32歳)主催の下、日光市鬼怒川温泉滝の鬼怒川温泉ホテルで開催されました。

 このサミットは日本酒「獺祭」の原料となる山田錦の生産振興を図ることが目的です。蔵元の旭酒造株式会社(山口県岩国市)や県内の山田錦生産者をはじめ、販売者や料理人など関係者が一堂に会しました。


 同社の桜井博志代表取締役会長は「最高の獺祭をつくるために、最高の山田錦が欲しい。兵庫県特A地区の特上米を超える米を」と山田錦コンテストの構想を明らかにしました。 

 本年産から実施予定のコンテストは、50俵以上を1ロットとし整粒歩合99%以上、心白率80%以上を品質の目標に想定しました。胴割れや未熟粒、その他被害粒などの項目については今後詳細が決まります。生産者は来年1月中旬までに山田錦を出荷、品質を満たすものを機械分析し、生産者がわからない状態で評価を行います。


 桜井会長が「1位の山田錦は1俵50万円。1位は2500万円以上での買い取りになります」と話すと会場はどよめきに包まれました。


本年産から山田錦の栽培を始める大田原市の松本祐樹さんは、「栽培の難しさはあるが挑戦したいです」と意欲を燃やします。

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903

栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

℡(028)683-5531

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved