テーブル製造 モチーフは鹿沼市産農産物

 鹿沼市下遠部の有限会社中村木工所(中村健治代表取締役=水稲60a、67歳)では昨年より、市の農産物を中心にモチーフにしたテーブル「Ptitble(プティブル)」を製造・販売。注目を集めています。

 「端材の活用方法を考え、構想から約半年後の昨年5月に第1号が完成し、年内に商標登録をしました」と中村代表は話します。


プティブルはNC(数値制御)ルーター加工機を使用して製造されました。デザインを一度プログラムすれば大量生産も可能です。


現在はイチゴ、ナスなど計5種類があります。


 表面の凸凹を解消するためにテーブル部分にはポプラ合板、脚部分は針葉樹合板を使用しています。


三本脚にすることで安定感を持たせました。


 「使用している方から『子供たちが宿題をするときテーブルの取り合いになっている』と聞きうれしくなりました」と笑顔の中村代表。


種類によってサイズは多少異なりますが、1脚当たり幅70cm×60cm、高さ68cmで6,500円(税込)、木工所で購入可能です。塗装も自ら行い、完成には数日かかるといいます。


 中村代表は「あまり大きくないので、置く場所を選ばないのも魅力の1つだと思います。これからも楽しみながら、作っていきたいですね」とほほ笑みます。

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903

栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

℡(028)683-5531

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved