もち麦「ダイシモチ」の販路開拓へ


佐野市高橋町で麦8ヘクタールを作付する金井猛弘(たけひろ)さんは、昨年内2ヘクタールにもち麦「ダイシモチ」を播種し、このほど刈取りを済ませました。


ダイシモチは近畿中国四国農業研究センターが開発したもち性の強い裸大麦で、精白米の約30倍の食物繊維が含まれ、健康志向の女性に人気が高いといいます。栽培には温暖で降雪の少ない気候が適しており、県内では初の大規模栽培となります。

金井さんは会員4名で「もち麦研究会」を組織し、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構から種子を購入。播種は10月中が望ましく、刈取りは6月上旬だといいます。


金井さんは「今回播種が11月にずれこみどうなるかと思ったが、幸い問題なく刈取りできた。次からはコンバインの清掃を省力化するため、ビール麦の前に刈取りを済ませたい」と来年以降の栽培にも意欲的です。


「県内での知名度がまだ低い品種のため、販路開拓が当面の課題」と話す金井さん。他に作付する野菜と共にインターネット通販や市内スーパーなどで販売する予定です。

10回の閲覧

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903 栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved