ふくべ細工制作 楽しくゆっくりと

「昔はどこの家庭でも、かんぴょうを炭入れに使っていたんですよ。だから、『炭入れに細工したんですね』なんて言われることもありましたね」と話すのは、下野市上吉田の小口早智子さん。小口さん宅には、大きさも形も様々なふくべ細工が所狭しと飾られています。

ふくべ細工とは、県の特産品である「かんぴょう(夕顔の実)」の種を取り除き、固く乾燥させたものに彫刻や絵の細工を施したもの。小口さんは、上三川町の農家が作ったかんぴょうを材料にしているといいます。

「30年くらい前に、友人に誘われてふくべ細工教室に通い始めたのがきっかけです。教室には、現在約20人の生徒が在籍しますが、以前と比べると人数が減っているんです。せっかくの伝統が廃れないよう、多くの人に興味を持ってもらいたいですね」と小口さんは話します。


「作品はプレゼントすることが多いです。だから、縁起の良い図案を探すことにしています。最近では、家紋を入れた床の間飾りが喜ばれましたね」といいます。


今後作ってみたい作品は、「歌川広重の東海道五十三次を全て作ってみたいですね。品川は作りました。歴史が好きなので、本で調べたりして図案を細かく写し取るのが楽しいです」と小口さん。「『大変じゃないのか』と聞かれるけど、一年に一個のペースでゆっくり作っているし、楽しいから続けられるんですよ」と笑顔で話してくれました。

1回の閲覧

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903 栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved