ア行

移植期(いしょくき)(農・畑)

 移植期とは「その地方において通常の肥培管理が行われていとすれ

 ば、通常の収穫量を期待し得る移植期間」のことをいう。

移植不能(いしょくふのう)(農・畑)

 移植不能とは移植期に共済事故により移植できなかったことをいう。

一筆(いっぴつ)

 農道、けいはん、水路等によって区画された耕地。

 

基準共済掛金率(きじゅんきょうさいかけきんりつ)

 組合が定める共済掛金率の基準となる率で、組合の過去の被害率を基

 礎として共済目的の種類ごと、引受方式ごと、組合の区域ごとに農林

 水産大臣が一般に3年ごとに改定して定める。

基準収穫量(きじゅんしゅうかくりょう)(農・果・畑)

 損害額や共済掛金の算出の基礎(果樹収穫共済の共済掛金の算出は標

 準収穫量が基礎)となる収量で、いわば、「平年収量」に見合う収量

 である。 (被害を全く受けないことを想定した「被害なかりせば収

 量」ではなく、平年的な減収が織り込まれている。)蚕繭の場合は基

 準収繭量という。

基準生産金額(きじゅんせいさんきんがく)(農)

 組合員の過去一定期間における生産金額の平均値

基準単収(きじゅんたんしゅう)(農)

 10a当たりの基準収穫量

共済価額(きょうさいかがく)(家・園・建・機)

 共済事業を行う立場から、共済に付けられるものの価値を、時価額等

 を基礎に表現した金額。(家畜の評価額、ハウスの時価額、建物の評

 価額、農機具の評価額)

共済掛金(きょうさいかけきん)

 共済金を支払う財源として、あらかじめ農家から徴収する金。過去の

 被害率をもとに算定した共済掛金率を共済金額に掛けて共済掛金が決

 まる。

共済掛金率(きょうさいかけきんりつ)

 共済掛金算定のための基礎率。(組合は、基準共済掛金率を下らない

 範囲内で共済掛金率を定める)

共済関係(きょうさいかんけい)

 農家と組合との間で結ばれる共済に関する権利義務の関係をいう。共

 済関係の成立により農家は、一定の約束で共済金の支払いを受ける権

 利を持つ一方、掛金の払い込み、通常の肥培管理、損害通知、異動通

 知を行う義務を負うことになる。

共済規程(きょうさいきてい)

 各共済事業の加入、損害評価などに関する運営の細則を定めたもの。

共済金(きょうさいきん)

 組合が共済責任期間内に発生した共済事故により共済の対象物に生じ

 た損害について、これを補てんする目的で組合員に合から支払われる

 金額。

共済金額(きょうさいきんがく)

 共済で保証している支払いの最高限度額(契約補償額)のこと。

共済限度額(きょうさいげんどがく)(農・果)

 品質方式や災害収入共済方式で加入できる最高補償額。

共済事故(きょうさいじこ)

 組合が共済金支払いの義務を負うこととなる事故をいう。共済事故と

 なるものは、その発生が予期できず、また、これを避けることが困難

 なものである。

共済責任期間(きょうさいせきにんきかん)

 共済の対象物に共済事故が発生し、一定の損害があったとき、組合が

 組合員に対し共済金を支払う責任が発生することとなる期間のこと

 で、共済の種類や共済の対象物によって異なっている。(補償する期

 間)

共済掛金期間(きょうさいかけきんきかん)(家)

 補償の期間。

共済目的(きょうさいもくてき)

 共済に付せられる目的物、即ち、損害が発生したとき共済金支払いの

 対象となる物件。

検見(けんみ)(農・果・畑)

 主として収穫期の損害評価のとき、組合が悉皆調査及び抜取調査を行

 うのに用いられる。その方法は、損害評価員等により圃場を見回り、

 主として肉眼をもってその耕地の収穫量を推定するものである。な

 お、園芸施設共済の施設内農作物の損害程を調査する場合にも用いら

 れている。

サ行

再建築価額、再取得価額(さいけんちくかがく、さいしゅとくかがく)(園・建・機)

 園芸施設共済において、特定園芸施設及び附帯施設の共済価額を定め

 る場合に、その算出基礎として必要とされるものである。すなわち当

 該園芸用施設または当該附帯施設と同一の構造、材質、用途、規模、

 型及び能力を有するものを再建築または再取得するに要する費用に相

 当する額をいう。建物共済や農機具共済においても同様の趣旨でこの

 用語が用いられる。

残存物価額(ざんぞんぶつかがく)(家・園)

 被害後の残存物の処分価格のこと。

指示単収・実行単収(しじたんしゅう・じっこうたんしゅう)(農)

 農作物共済において、農林統計資料を基礎として、農林水産大臣が都

 道府県ごとの10アール当たりの収穫量を定めて指示し、都道府県知事

 は、この数量を基礎として組合ごとの10アール当たり収穫量を指示す

 る。これら指示する単収を指示単収といい、この指示単収を基に全引

 受耕地に設定した当該組合の10アール当たり基準収穫量の平均値を実

 行単収という。

悉皆調査(しっかいちょうさ)(農・果・畑)

 組合の損害評価において、損害評価員等により、組合員から損害通知

 のあった耕地、園地または農家につき、検見または実測の方法によっ

 て損害調査を行うことをいう。

実測調査(じっそくちょうさ)(農・果・畑)

 損害評価において、実測器具等を使用して、実収穫量を見積もるこ

 と。

死廃事故(しはいじこ)(家)

 死亡事故と廃用事故のこと。

新価(しんか)

 再取得価額または新調達価額のこと。

生産金額(せいさんきんがく)(農・果)

 最終の手取り金額ではなく、規格別の出荷収量に規格別の単価を乗じ

 て合計した金額

総会(そうかい)

 組合員によって構成される農業共済団体の最高意思を決定する機関。

 総代会が設けられている場合は、総代の選挙、組合の解散の決議のみ

 が総会としての固有の決議事項であり、その他は総代会が総会に代わ

 って処理することとしている。

総会、総代会(そうかい、そうだいかい)

 組合の総代会は、総会に代わるべき権限を与えられた組合の意思決定

 機関で、総代会を構成するのが総代である。総代は30人以上の定数が

 必要で任期は3年以内で組合員の中から選挙する

損害通知(そんがいつうち)

 共済の目的物に共済事故が発生したときの通知と、共済金の支払いを

 受けるべき損害があると認められるときの通知と二つの場合がある。

 前者を事故発生の通知、後者を損害の通知という。特に損害の通知

 は、損害評価を請求する意味を兼ねている。また、この損害通知を怠

 ると、共済金の一部または全部が払われないことがある。

損害評価(そんがいひょうか)(農・果・畑)

 共済目的(水稲や、大豆など)に共済事故が発生すると損害の量や額

 を把握し、損害を受けた組合員に共済金の額を算出します。その一連

 の流れを損害評価といいます。

損害評価地区(そんがいひょうかちく)(農・果・畑)

 組合の区域を一定期間内に悉皆調査できる規模に区分したものをい

 う。この区分は、毎年被害等の実態に応じて決められる。

損害通割合(そんがいわりあい)(果)

 基準収穫量に対する減収量のこと。

タ行

単位当たり共済金額(たんいあたりきょうさいきんがく)(農・畑)

 1キロ(10キロ)当たりの補償の上限。

待期間(たいきかん)(家)

 家畜共済において、共済責任の始まった日から2週間以内に共済事

 が発生したときは、組合員はその共済事故の原因が共済責任の始まっ

 た後に生じたことを証明しなければ共済金を請求することができな

 い。この期間(2週間)を待期間、この間に発生した共済事故のこと

 を待期間中の事故と呼んでいる。

定款(ていかん)

 農業共済団体の組織、事業運営に関する基本的自治法規で、法律に

 って、絶対的必要記載事項と任意記載事項が示されている。定款の改

 正は総代会等の特別決議(議決権の3分の2以上の同意)が必要であ

 り、行政庁の認可を受けなければ効力を有しない。

 

ナ行

抜取調査(ぬきとりちょうさ)(農・果・畑)

 損害評価において、悉皆調査による損害高の均衡ないし適正を期す

 ため、組合が悉皆調査を行った耕地等の一部を抽出して実測または検

 見の方法によって調査することをいう。連合会が組合ごとに行う抜取

 調査を連合会抜取調査という。

 

ハ行

廃用(はいよう)(家)

 家畜共済の共済事故とされるもので以下の7項目のいずれかに該当

 ることが必要です。
 ①疾病又は不慮の傷害(③の疾病及び傷害を除く)によって死にひん

  したとき。
 ②不慮の災やくによって救うことのできない状態に陥ったとき。
 ③骨折、は行、両眼失明又は農林水産大臣が指定する疾病若しくは

  慮の傷害であって、治癒の見込みのないものによって使用価値を失

  ったとき。
 ④盗難その他の理由によって行方不明となった場合において、その

  実の明らかとなった日から30日以上生死が分明できないとき。
 ⑤乳牛の雌、種雄牛又は種雄馬で治癒の見込みのない生殖器の疾病

  は傷害であって共済責任の始まった時以降に生じたことが明らかな

  ものによって繁殖能力を失ったとき。
 ⑥乳牛の雌が治癒の見込みのない泌乳器の疾病又は傷害であって、

  済責任期間の始まった時以降に生じたことが明らかなものによ

  て、泌乳能力を失ったことが泌乳期において明らかとなったとき。
 ⑦肉牛が出生時において、き型又は不具であることにより、将来の
使

  用価値がないことが明らかなとき。
 ◆農林水産大臣が指定する疾病若しくは不慮の傷害
  伝達性海綿状脳症、牛白血病、創傷性心のう炎、放線菌症、歯が

  患又は顔面神経まひで採食不能となるもの、不慮の舌断裂で採食不

  能となるもの。

発芽期(はつがき)(農・畑)

 発芽期とは「その地方において通常の肥培管理が行われているとす

 ば、通常の収穫量を期待し得る播種期間に播種されたものが、通常発

 芽する時期」をいう。

発芽不能(はつがふのう)(農・畑)

 発芽不能とは発芽期に共済事故により発芽できなかったことをいう。

引受け(ひきうけ)

 それぞれの事業ごとに一定の手続きにより共済関係を確定すること

標準収穫量(ひょうじゅんしゅうかくりょう)(果)

 共済金額を算定する基礎になる収穫量のこと。

標準収穫金額(ひょうじゅんしゅうかくきんがく)(果)

 平年の生産金額のこと。

病傷事故(びょうしょうじこ)(家)

 病気とけがを意味する。

無事戻し(ぶじもどし)

 掛金の一部払い戻しのこと。(組合員が受け取った過去3年間の共

 金及び過去2年間の無事戻し金の合計額が、その期間中の組合員負担

 共済掛金合計額の一定の割合未満の場合、その差額を限度に無事戻し

 金を支払うことができる。(家畜共済及び任意共済以外の場合))

賦課金(ふかきん)

 組合又は連合会がそれぞれの共済事業を行うために必要な事務費で、

 共済掛金は事務費には使用されません。

附帯施設(ふたいしせつ)(園)

 施設本体に併せて加入できる暖房施設やかん水施設、照明施設など。

分割評価(ぶんかつひょうか)(農・果・畑・園)

 農作物共済、果樹共済、畑作物共済及び園芸施設共済の内容農作物

 おいて、肥培管理や病害虫防除の不適切、その他共済事故以外の原因

 による減収量と共済事故による減収量とを分けて評価すること。

付保割合(ふほわりあい)

 共済価額に対する共済金額の割合です。

防災施設割引(ぼうさいしせつわりびき)(果)

 防風ネット、防鳥ネット、多目的ネットなどを設置した場合に掛金

 割引をすること。

栃木県農業共済組合(NOSAIとちぎ)

〒321-0903 栃木県宇都宮市下平出町前表319-1

無断転載・無断配布を禁止いたします。 Copyright (C) NOSAI Tochigi All rights reserved